今期のインフルエンザ流行について

今期のインフルエンザは、昨シーズンに流行が見られなかった為、
ほとんどの方が免疫を失っている可能性があります。
更にコロナ感染が冬季に再燃する可能性が高いと思われる懸念があり、接種は必要と思われます。
特に、高齢者、16歳以下のお子さんには接種をお勧めします。
尚、今期のワクチンの製造は遅れており、製造量もかなり少なめと云われています。
当院では、ワクチン確保に全力で取り組みますが、昨年同様とはいかないと思っています。

※11月29日現在、在庫は200人分ですが、
今後は欠品することは無さそうですのでご安心ください。
もし、欠品するようならその旨お知らせします。
尚、年末は30日午後13時で終了。新年は、6日からとなります。接種は、年内にお済ませください。


◎ワクチン接種について
例年同様、10月5日(火)より開始の予定ですが、まだ入荷日は決まっておりませんので変更の可能性もありますので、ホームページでご確認ください。
料金は以下の通りです。
-----
①高齢者:区より送られてくる接種票を必ずお持ちください。無料もしくは接種票に記載の料金となります。
②一般の方:3,500円。
③2回接種の小学生以下の方:2回で、6,500円
(初回接種時に全額をお支払いください。3週間後の2回目ワクチンは確保します)
※※ご注意※※
コロナワクチンとインフルエンザワクチンを同時に接種することはできません。2週間の間隔が必要です

-----
◎予約について
ワクチン供給量がはっきりしませんので、お受けすることはできません。
入荷量は、随時医院入口とホームページ上にてお知らせする予定です。10名以上の接種を希望される会社等は、電話にてお問合せください。
◎発熱した場合
発熱が認められた場合は、必ず電話にて予約の上、指定された時間にお越しください。
一般の方の診察時間にはコロナ感染かインフルエンザ感染か判別ができませんので、受診はできません。
尚、発熱で予約して来院された方には、コロナ感染かインフルエンザ感染かを同時に判別する検査を受けていただきます。
検査は保険適応で、15分ほどで結果がでます。


新型コロナワクチンの接種について

8月25日(水)をもって予定数に達しましたのでお知らせします。
今後は、保健所よりワクチン供給がありませんので終了となります。

Information

季節のトピックス
  • 診療案内
  • よくあるご相談
院長紹介
院長紹介耳・鼻・喉まで幅広く。スピーディかつ丁寧な診療を心がけています。『高柳耳鼻咽喉科』は地域に根差したクリニックとして、耳・鼻・喉の病気を幅広く診療しています。
特にアレルギー性疾患の治療については、経験豊富な院長のもと、開業当初から抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の他、舌下免疫療法などの減感作療法をおこなっています。
また、患者さんにとって「病院」というのは出来るだけ足を向けたくない場所のはず。そのため当院では待ち時間の少ないスムーズな診療を心がけ、少ない通院回数で結果を出すよういつも小さなサインを見落とさないようにしたいと思っています。耳鼻咽喉科は頭の目と歯を除いた首から上の部分が診療領域。
お顔まわりに何か気になる症状がありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。